So-net無料ブログ作成
検索選択
子宮卵管造影検査 ブログトップ

7周期D16 子宮卵管造影検査(続き) [子宮卵管造影検査]

私なりに排卵タイミングやら受診スケジュールやら夫の体調やらを考え、
綿密に計算して本日午前中を狙い行為するはずが!!!
諸般の事情により、タイミングを取る行為自体が不可能にorz

いわゆるゴールデン期間まっただ中の、それも最初の貴重な排卵が
みすみすフイにされるわけで。いやはや。

落ち込んでいても仕方ないので、今週初めに受けた子宮卵管造影検査の
その後を詳細メモしておきます。

なお、前回の記事→7周期D11 子宮卵管造影検査

(続き)
第一回のレントゲン撮影後、薬剤拡散まで10分程度待って
再び撮影するまでそのままの体勢でベッド上待機、という手順。
そんなこと言われなくても起き上がれる状態ではなかったが~。
器具は外してタンポンだけになっているので、多少は姿勢を
変えることも出来ましたが、とにかく下半身が重くて痛くて
そんな気にもなれない。それに何だか妙な吐き気に襲われて、
嘔吐するほどではないけれど、胸のムカムカが辛かった。
すぐに収まったので良かったけれど。

そして薬剤拡散後の撮影を終えて、ヘロヘロの足取りで
待合室へ戻り、またしばらくして診察。

結果は二点。
『卵管はどちらも通ってますね』
『FSHの数値が、あんまり良くはないなぁ・・・』

まず卵管。通ってたと。良かった良かった。めでたしめでたし。
ただそれに尽きるのだけど、とにかくあまりの激痛だったので、
結果を聞いても何故か素直に喜ぶ気になれなかった(-。-;
通ってる人はあんまり痛くないっていう風説(?)を信じてたし!
まぁでも今回の検査のおかげで通ったのかもしれないけどね~。
とにかく結果についてはオーライもオーライ、ただし激痛の
ショックで喜びムードだだ下がりwといったところ。

そしてFSH。これは不勉強でよくわからず、先生の説明を元に
自分なりに後で情報収集して理解に努めました。

卵胞刺激ホルモン。かいつまんで言えば、たまごを育てる指令を出す。
たまごを育てる機能は加齢とともに衰えてくるので、そうすると、
体力が落ちても頑張って育ててね!とばかりに指令をいっぱい出しまくる。
だからホルモン数値は高くなる。

先生の言い方では「年齢の割には高いかなぁ~」って感じで、
私なりの理解では、卵巣年齢は実齢+αになってるってこと?
早発閉経の疑いはないようでしたが、上のような言い方での
指摘でした。数値としては、1桁ラインをギリギリアウトw

具体的にそれを改善するための投薬治療や何かが始まるようではないので、
ひとまずは様子見で、まずは周期に合わせて別の検査をしていきましょう。
ということで、次はフーナーテストを受けてね、という流れだったのですが、
そんなわけで今周期はフーナーテストどころかタイミングすら取れず。

もう~しょぼくれていても損するだけだから、気を取り直して行くしかないっ


7周期D12 怪しげなオリモノ [子宮卵管造影検査]

昨日、激痛の中、子宮卵管造影検査を終えまして。
検査の詳細はまた書き留めておくつもりだけれど、
今日は友達と会ってグチらせてもらい
ストレス発散してきた関係で、あまり時間取れず、
また後日。

今日のメモとして残しておくべきは~~~、
これまで20年近くも月経血だのオリモノだのと
顔を突きつけ合ってきた経験中にも、今日ほど
怪しげな分泌物にお目にかかったことはなーい!

おそらく造影剤の残りと自分の体液(?)が
混じり合ってた何かなのでしょうが、なんか、
別に不快に臭ったりするわけでもないのですが、
妙な気分。

昨日の激痛を思い出すよorz



タグ:卵管 造影

7周期D11 子宮卵管造影検査 [子宮卵管造影検査]

検査前にいろいろ勉強したはいいけれど、
「すごく痛かった」の意見が多くてビビりながら到着。

私の排卵日は周期15~16日目くらいのはずだけれど、
一般的には11日目と言ったらちょっと微妙なあたりで、
看護士さんも「今日検査するかどうか、卵巣の状態を
先生に診ていただいてからにしましょう」と。

で、内診台。
いい年して(34才)恥ずかしながら、
これまで婦人科にかかったのは過去4~5回くらい、
内診の経験もせいぜいそのくらいしかなく。受診理由も
ホルモンバランスの乱れからくる『生理が止まらない』
だけだったので、こういうことは初めてで、やはり緊張。

つってもホントに簡単な内診のみだったけど。。
あれは経膣エコー?なのかな?(無知でお恥ずかしい)
中を見られて、これが右の卵巣、こっちは左の卵巣、
この卵胞が大きくなってるから次回はここから排卵ですね~
などとモニタを見ながら説明してもらう。これが興味深くて
熱心に見ていたおかげで、痛さや違和感はそう気にならず。

そういうわけで排卵前だったので、予定通り検査をすることになり、
具合良く内診体勢wのまま看護士さんに座薬投入されるがままよ。
あー、もにょもにょして気持ち悪いけど仕方ない。

効いてくるまで30分ほど待合室にいて、それからレントゲン室に
呼ばれていよいよ検査開始。
てっきり内診台に上がると思っていたら、普通のベッドだったので
ちょっと意外でした。怖がりの私だけれどあんまりビビっていても
仕方ないので、腹をくくって(?)おとなしくして器具を入れられ、
バルーンを膨らませる感覚があり、、、、そして、
「じゃあ、造影剤流しますね~少し痛んだらごめんなさいね~~」

・・・うーん、このダラっとした感覚がそうかな?下腹部にちょっと
違和感きたかな?でも痛いってほどでもないな?・・・って思った、
その次の一瞬からが激痛でした。

瞬時にして過呼吸気味になり、そばの看護士さんが飛んできて
手を握ってくれましたが、
「い!」「いっ・・・」「いたいっいったったっ!!!!」程度の
自己主張が精一杯。私がはぁはぁと小刻みに肩で息をし始めたせいか、
先生もはい、もうやめます、もう入れませんからね~(と言いつつ
どれくらい流されたものか私には見当もつかない)、と言って何とか
一呼吸をおき、続いて「じゃあ撮影しますから!あと10秒も数える
前に終わりますから我慢しててください!!!」と言い置いて、
手を握ってくれていた看護士さんがいきなり去ったorz・・・
(レントゲン撮影なんだから退室は当然ですが、大変に痛く苦しく
心細かったです。。。)

撮影中は何とか我慢して、確かに10秒も経つ前に戻ってきてくれた
先生と看護士さんが素早く処置してくれましたが。
何とか人心地ついて、まず発した言葉は、
『こんなんで私、お産に耐えられるのか・・・(泣)』でしたorz
先生と看護士さんの笑いのツボだったみたいで嫌味はなく苦笑され、
「その時はその時!」「これは皆さん痛がられる検査ですから~」
などなどフォローしていただいたりして。はぁぁ。

正直、終わった今になってみれば、もっと我慢できたようにも思う。
痛みやその辛さってのには物差しがないわけだけれど、仮に
あれが10の痛みだとして、「11か12まで我慢できますか?」って
聞かれたら、根性でYesって答えたかもしれない。でも、10の痛みが
その先20、30と際限なく増していくかもしれないって思うと、
果たしてこれ以上どこまで痛むの!?という恐怖心がひどくて、
怖がりの私には耐え難い体験でした(:_;)うぅ。。。

《保険》
再診料、医学管理等、画像診断、投薬 2,360円
《自費》
手術料等 8,310円(税込)

本日 10,670円
累計 13,480円

子宮卵管造影検査 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。